体験談

【体験談】留学を通じて幸せを感じられるようになった先輩の体験談【スペイン語検定4級】

Vacaloca
今回はスペイン語留学をした先輩の体験談をご紹介します。

留学プランにお悩みの方や短期留学の成果が知りたい方やこれからスペイン語を勉強したい方、現在勉強に行き詰まっていると感じる方はぜひチェックしてください。

今回は文化の違いを知ることで自分を表現できるオプションが広がり、ものの見方がとても広く寛容になれたイチカワさんの留学体験談を紹介いたします。
スペイン語留学を通じて自分のやりたいことや感情を自由に表現できる雰囲気の中で生きることができ、幸せを感じながら生きていくことができるようになったと教えてくれました。

留学してみたいけど時間もお金も厳しいという方には1週間~3ヶ月程度の短期留学がおすすめです!
短期留学は限られた時間での留学ですが、現地での過ごし方・体験次第で多くの学びと刺激を得られて、スペイン語を今後も学習するモチベーションに繋がります。

この記事では

実際にスペイン語を使った仕事をしている先輩から、スペイン語の勉強方法、留学体験談、アドバイスなどを紹介します。

 

プロフィール

項目 概要
名前 イチカワ
スペイン語検定等 スペイン語検定4級
スペイン語を使った職歴/td>

メキシコの現地企業にて営業3年、メキシコの日系企業にてマネジメント7年
実際のスペイン語のレベル スペイン語での日常の事、例えば買い物に行ったり、映画やテレビを見たりができます。留学後にメキシコで働きはじめ、国際結婚をしたため24時間スペイン語を使っている環境にいます。また、現地の仕事でメキシコ人の部下をもってマネジメントしたり、専門的なことをメキシコ人とスペイン語で会話したり会議をしたり、日本からくる役職の人達に対しての通訳をしたりができます。日本語でもわからないことが書いてあるものはさすがにスペイン語でもわかりません。
スペイン語の勉強歴 留学前に2年半
留学時期と期間 2012年5月から1年

 

留学情報

項目 概要
出発前 合計120万円:チケット25万円、学費50万円、その他15万円
現地 生活費30万円/年
滞在方法 ホステル

 

スペイン語の勉強

スペイン語勉強を始めた経緯

日本で生きづらくなり海外に行くには第2か国語を勉強しないと、という思いがありました。
その際英語は既にたくさんの人が話されていて日本では一番メジャーな言語だったため、英語ではなく当時(今もですが)話している人と国の数が多いスペイン語を選択しました。

なんとなく聞いたことがあるアルゼンチンについて調べているうちに、一気に興味が湧き本格的にスペイン語の勉強をスタートしました。
 

スペイン語を勉強するためにしたこと/していること

大切なことはスペイン語を勉強することがストレスにならない環境を作ることです。
そうしないと勉強が続かなくなり全然上達しません。

その環境下でするべきことはインプット(主に文法)とアウトプット(主に会話)のバランスを大切にすることです。
最初は8 : 2ぐらいからスタートして一か月ごとにそのうウェートを1ずつ変えていき、半年後に2 : 8ぐらいにしてからはとにかく様々な人と会話をしてアウトプットしていくことです。
 

スペイン語を学ぶのにおすすめの映画・ドラマ・音楽

自分の大好きなジャンルを選び、そのジャンルのメディアを使います。

私の場合はビジネス関連やスポーツが好きなため、例えばカルロス・スリム(過去にビルゲイツを抜いて世界の大富豪になったメキシコの通信王)の人のインタビューや本を読んだり、テニスのラファエルナダル(スペイン人)の試合をケーブルテレビで見たりはおすすめです。
YOUTUBEで自分の興味のあるものをスペイン語で見るのもおすすめです。
 

今からスペイン語を勉強するメリットや将来性

スペイン語は話している人や国の数が多いため、スペイン語ができるだけで何億人とも話すチャンスが生まれます。

また、経済的にまだまだ発展している中南米の国に行くことによるビジネスチャンスがあります。
アメリカ南部のメキシコとの国境近くの場所はスペイン語を話すアメリカ人も多く、アメリカを含めたビジネスチャンスがまだまだある可能性があります。
そのためスペイン語を勉強するメリットはたくさんあると思います。
 

英語ではなくスペイン語を勉強するメリット

ビジネスレベルのスペイン語ができる日本人が英語に比べるととても少ないため、日本の文化や技術など様々な情報を知っている人がスペイン語圏に行くととても希少価値のある人物になれます。

日本の食の文化や車や電子部品の技術はまだまだ中南米ではとても重要な位置にあるためスペイン語を学ぶメリットは大いにあります。
 

もし、今からスペイン語を0から勉強するなら

日本を出ることができる人にとっては、スペイン語圏に行ってスペイン語を使う環境に行くことをお勧めします。

現地採用、ワーキングホリデー、Workaway等を使います。

簡単に日本を出られない場合は、まずはインターネットやアプリでスペイン語ネイティブで日本語を学びたい人とつながり無料で会話をして楽しんでみて次に安価なオンラインスクールを探して本格的に学んでいきます。
 

スペイン語を学んだことで起きた人生の変化

まず、たくさんの人とつながることができました。
日本にいて日本人としか話していないと自動的に日本人の価値観が自分のスタンダードになってしまします。
しかし、別の国の人と話すと別の価値観を垣間見ることができます。

日本は東洋文化ですが、特にスペインや中南米は西洋文化で宗教もいくつかあるため価値観だけではなく文化(衣食住)も違うことがたくさんあります。

さらに仕事の上での慣習や時間に対する考え方、お金に関するとらえ方なども違ってきます。

そういった違いを知ることで自分を表現できるオプションが広がりましたし、ものの見方がとても広く寛容になれるようになりました。

さらに日本で感じていた閉塞感みたいなものを感じることなく自分のやりたいことや感情を自由に表現できる雰囲気の中で生きることができ、幸せを感じながら生きていくことができるようになりました。
 

スペイン語留学

留学を決意した理由

日本で失敗が続いていて、とにかく何かを変えたいという思いがとても強かったため決意しました。

また、日本にいるだけだと当時の自分では打破できる能力もなかったし、コンタクトもなく、何もないのであればどこの国からスタートしても同じという思いがありました。

当時独身で貯金が150万円ぐらいあったため、留学してそのまま現地採用で頑張りたいという目的があったため決意をしました。
 

スペイン語を勉強するために留学はしたほうがいい

留学をするのを含めてスペイン語圏の現地に行った方が絶対にいいです。
まず、成長できるスピードが格段に違うのと、語学以外での利点(価値観や文化の違い、コンタクトができる等)があります。

また日本のような島国に住んでいる人だったらなおさら直接ほかの国に行って学んだり感じたりする方がいろんな刺激を受けられるでしょう。
 

スペイン語の上達

24時間スペイン語を使う環境にいることで、少しづつ頭がスペイン語を話す感覚を優先するようになりスペイン語を学ぶスピードが格段に上がりました。

また、現地にいることで様々な人の様々なアクセントや言い回し等に触れる機会がたくさんあり、その点はオンラインスクールや日本の語学学校とは違う点でとても有利になりました。
ただし、現地で日本人と一緒にいないことがとても重要なポイントです。

そういった意味ではアルゼンチンでは日本人の留学生が少なかったので、選んでよかったです。
 

留学のメリットとデメリット

メリットは語学の上達が格段に速くなることや現地の人達とのコンタクトを作ることができたり別の価値観や文化に触れることができる点です。

デメリットはお金がある程度必要になる点ともしご家族がいる場合のご理解を得るのが難しい場合です。
現地に行って、もし自分の家族や親せきに何かあったときにすぐに駆け付けられない可能性があります。
 

スペイン語留学を成功させる心構え

留学前に文法を学んでおくことです。

現地に行ったら否が応でもスペイン語を使ってアウトプットをする機会がありますし、語彙力は自然と伸びます。
ただ、文法はしっかり最初に学んでおくことでそれ以降のアウトプットや仕事で誰かと話すときの信用にもつながってきます。

日本人は現地の人にとっては外国人のため、現地の人達は私たちの使う文法をいちいち訂正してきません。
なので文法をやっておいた方がいいと思います。
 

留学先で気をつけること

まず、目的を明確にすることです。
そうすることでその目的達成のために何をするべきかおのずと見えてきます。

そして治安のよくない場所を調べておき、行く必要のないところは絶対に行かないようにすることです。
また、なるべく日本語を使わない環境にいることです(日本人の友達を探したり作ったりコミュニティに入ったりと楽な選択肢を絶対に持たない)。
 

留学体験談

留学してよかったと思えること

語学力が向上した点と、様々な人とつながることにより別の価値観や文化に触れることができた点です。

また、現地の人とのコンタクトによりその後の仕事を探すときの役に立ち、良い仕事に巡り合うことができた点です。

そして、日本にいた自分とは別のポジティブで幸せな自分を発見できまたその自分で生活できている点です。
 

留学中に嬉しかった/楽しかったこと

日本にいたときはなるべく自分の感情を抑えて生活していましたが、アルゼンチン留学を通して感情を自由に表現し始めました。

また、それを他の人と共有することが当たり前になり、小さなことでもほかの人と喜びを共有することにより、さらに自分が幸せを感じることができるようになる環境に身を置けることがすごくうれしかったです。
 

留学中に辛かったこと

最初の三か月は勉強をしていたとしてもどうしてもわからないことや聞き取れないことが沢山あり、また言いたいことをスペイン語だとうまく表現できない状況があるのがすごくストレスでした。

さらにあまり入ってはいけない地区が最初わからず入ってしまい、所持品を盗まれてしまったときはとても悲しく辛かったです。
 

留学したことで変わったと感じること

別の自分を発見できたことです。

日本にいるときはそこまで自分を表現することをしていなかったのですが、留学のおかげで変われました。
自分を表現することにより自分をより知ってもらい人とのつながりが増え、さらに自分の性格が前向きになり非常にポジティブになりました。

周りの付き合う人たちも変わり、仕事も順調にいくようになりました。
 

スペイン語留学を検討中の方へ

学生が留学をするメリット

シンプルに可能性が広がります。

若い時から別の国に行って別の価値観と文化に触れることで、語学を学ぶ以外にも感性を豊かにすることができます。
学生というすごく感受性の高いころにスペインもしくは中南米という表現を表に出すのが当たり前の国々に行くことで今までにはない世界や自分が見えてくるでしょう。

やりたいこと/やってみたいことが見つかり人生が楽しくなるメリットがあります。
 

社会人が留学をするメリット

もう一度、違う人生を経験できるチャンスを得られる可能性があります。

社会人というより日本の価値観や常識が当たり前になっている人たちがスペイン語留学をすることで別の自分を発見できます。
その自分でもう一回違った角度で今までの物事を見たり、おこなったりすることで別の反応や人たちとかかわりを持つことができ、別の人生を送っているかのような機会を得ることができます。
 

今からスペイン語を勉強する方へアドバイス

スペイン語を学ぶと様々なチャンスを手にできる可能性を得ることができます。仕事関係だったり、新しいコンタクト、別の自分という可能性を得られますので是非続けて頑張ってほしいと思います。
 

スペイン語留学を検討している方へアドバイス

留学先には今まで考えてもみなかった幸せがあります。
一歩日本から出るだけで別の自分を発見でき、想像できない数の機会や人たちに出会うことができます。是非とも一歩踏み出してください。
 

まとめ

今回は文化の違いを知ることで自分を表現できるオプションが広がり、ものの見方がとても広く寛容になれたイチカワさんの留学体験を紹介しました。

スペイン語留学を通じて自分のやりたいことや感情を自由に表現できる雰囲気の中で生きることができ、幸せを感じながら生きていくことができるようになったと教えてくれました。

 

スペイン語短期語学留学を検討中の方へ

スペイン語を学ぶために短期語学留学を検討中でしたら、当サイト管理人vacalocaがアルゼンチンの語学留学エージェントをしております。
vacaloca留学プログラムへの無料相談・資料請求は以下のお問合せフォームから送信してください。

Vacalocaプログラム

現地サポート有り!!

プログラム内容

  • 出国前から留学中までサポート
  • 入学申請代理
  • 生活に関するアドバイス

こんな人におすすめ

  • 治安が不安
  • 調べる時間がない
  • 現地サポートが欲しい

-体験談

© 2022 アルゼンチン留学情報まとめ Powered by AFFINGER5