体験談

【体験談】新しい経験をしてみたいと留学を決意した先輩の体験談【DELE A2】

Vacaloca
今回はスペイン語留学をした先輩の体験談をご紹介します。

留学プランにお悩みの方や短期留学の成果が知りたい方やこれからスペイン語を勉強したい方、現在勉強に行き詰まっていると感じる方はぜひチェックしてください。

今回はとにかく日本から外に出た世界で、新しい経験をしてみたいと留学を決意したなおさんのスペイン語留学の体験談を紹介いたします。
留学を初めて1ヶ月で、同居人の会話に入れずに悔しい思いがあったりするものの、小さな小さな成長を日々感じれて留学をエンジョイされています。

留学してみたいけど時間もお金も厳しいという方には1週間~3ヶ月程度の短期留学がおすすめです!
短期留学は限られた時間での留学ですが、現地での過ごし方・体験次第で多くの学びと刺激を得られて、スペイン語を今後も学習するモチベーションに繋がります。

この記事では

実際にスペイン語を使った仕事をしている先輩から、スペイン語の勉強方法、留学体験談、アドバイスなどを紹介します。

 

プロフィール

項目 概要
名前 なお
スペイン語検定等 DELE A2
実際のスペイン語のレベル 買い物やレストランでの食事、住居の契約などには困らない程度のスペイン語レベルです。現地で暮らす方々と政治の話や相談事、大学の授業など難しい話をできるようなスペイン語能力はありません。現在留学中のため、大学近くのアパートで3人の現地人と一緒に暮らしていますが、いつも3人の会話にはついて行けず、悔しい思いをしています。
スペイン語の勉強歴 2年半
留学時期と期間 2022年9月から2023年7月まで(予定)

 

留学情報

項目 概要
出発前 航空券 片道10万円
現地 住居 月3万5千円、生活費4万円、その他旅費等
滞在方法 賃貸契約

 

スペイン語の勉強

スペイン語勉強を始めた経緯

高校生の時から海外で生活したいという夢がありました。

せっかく海外で暮らすなら英語だけでなく第二外国語の学習にも力を入れたいと考え、上智大学外国語学部への入学を目指すようになりました。
上智大学外国語学部では6種類の学科があり、この中で英語の次に最もよく話されているのがスペイン語であると知り、スペイン語学科目指すことに決めました。
無事に合格し、私のスペイン語学習が始まりました。
 

スペイン語を勉強するためにしたこと/していること

スピーキングスキル向上のためにはとにかく恐れず話すことが大切です。
私の場合は個別教室に週1回通い、スペイン語で話す練習をしていました。
いつも同じ先生と話すため安心して話すことができました。

リスニングに関してはNHKの毎日スペイン語を使い勉強していました。
無料のアプリを利用すれば、放送から1週間以内は何度でも繰り返し視聴することができるため、非常に便利です。
文法説明等もあるためおすすめです。
 

スペイン語を学ぶのにおすすめの映画・ドラマ・音楽

スペイン語版ドラえもんを見ながら勉強するのが習慣です。
馴染みのあるアニメであるため見ていて楽しいし、子供向け番組であるため比較的理解しやすいハキハキとした聞きやすいスペイン語を聞けるためお気に入りです。
YouTube等でもみれるようなので、気になった方はぜひ「Doraemon español」で調べてみてください。
 

今からスペイン語を勉強するメリットや将来性

スペイン語を公用語とする国は21ヵ国あるとされてとり、英語・中国語に次いで3番目に話者の多い言語とされています。

アメリカ国内にはスペイン語しか話せない人もいるというくらいスペイン語は世界中で浸透しています。
スペイン語が話せるようになればスペインだけではなく南米、アメリカと様々な場所で活躍することができるでしょう。

ビジネスチャンスについては、大学生の私にはまだあまり分かりませんが、南米で成功した日本企業も数多くあると聞いたことがあります。
 

英語ではなくスペイン語を勉強するメリット

英語にプラスアルファでスペイン語を勉強すればメリットがあると感じます。

というのは、留学してみて改めて英語の大切さにも気づかされたからです。
大学には英語しか話さない学生も多くいますし、英語よりスペイン語を勉強すべきと胸を張って言うことは私にはできません。

ただスペイン語も話せると確実に人脈が広がります。
なぜなら 世界にはスペイン語しか話せない人もたくさんいるからです。
 

もし、今からスペイン語を0から勉強するなら

スペイン語の教室に通うと思います。
私の性格上一人で机に向かって参考書を読むのは集中力が持たないため、アクティブに学習できる環境下で学びたいです。
最初の一回は無料で体験できる教室なども多くあると思うので、何個か行ってみるのも楽しいかもしれません。

さらにNetflixなどでお気に入りのスペインのドラマや映画などを見つけて、それをもとに勉強してみるというのもやってみたいです。
楽しみながら勉強できるのは、何よりも大切なことだからです。
 

スペイン語を学んだことで起きた人生の変化

スペイン語を学ぶことで、スペイン語が少し話せるようになり、実際に留学するという決断を下すこととなりました。
スペイン語が私の人生により広い選択肢を与えてくれたのです。

そして実際にスペインで生活してみて、日本の素晴らしさに気づくこととなりました。
海外に強い憧れを抱いていた私にとってこれは少し驚きでしたが、自分の将来を考える上で、この日本の良さを世界中に広めていく仕事がしたいと思うようになりました。

また、より南米にも興味を持つようになりました。名前も知らなかった国々に興味を持つようになり、今では帰国前に南米全体をバックパッカーとして行く計画を立てています。

スペイン語の勉強がここまで私の夢に大きく影響してくるとは思ってもいませんでしたが、やりたいと思ったことにはすべて挑戦したいです。
このように考えられるようになったのも、スペイン語の勉強を始めたおかげです。
 

スペイン語留学

留学を決意した理由

とにかく日本から外に出た世界で、新しい経験をしてみたいと留学を決意しました。

同じことを繰り返すばかりの日々にうんざりしていたのです。
このまま何も挑戦することなく楽な道ばかり選んで進んでしまっていいのだろうかと常に自分自身に問いかけていました。

また、コロナ禍で海外に行きたいのにいけないという葛藤も私の留学したいという気持ちに火をつけることとなりました。
 

スペイン語を勉強するために留学はしたほうがいい

留学はスペイン語が習得できるというメリットだけではなく、日々自分自身の成長を実感することができるというメリットがあります。

例えば、1人で買い物ができた、1人でバスに乗れるようになった、自分から人に話しかけることができるようになったなど簡単な生活ではない分、小さな小さな成長を日々感じることができるのは大きなメリットです。

私は留学に来てまだ1ヶ月の未熟者ですが、ここに来たことを後悔したことはありません。
 

スペイン語の上達

日本にいた時はスペイン語を使う機会がほとんどありませんでした。
しかし留学に来てからは毎日スペイン語で溢れた生活を送っています。

とくに私の場合、日本語を話せる人がいないどころか英語ですら全く理解してもらえない環境にいます。
初めは孤独を感じましたが、わからないことを誰かに質問することで少しずつ私のスペイン語は上達してきました。

また方言の強い地域に留学したため、様々な地域のスペイン語が簡単に聞き取れるようになりました。
 

留学のメリットとデメリット

メリットは何といってもスペイン語を実際に使用する頻度が多いため、より早くスペイン語が習得できることです。

一方デメリットとしては、スペイン語をスペイン語を使用して教えられる場合が多いため、 わからないことがあったときに理解に時間がかかるということがあげられます。
日本でスペイン語を勉強する場合、わからないところは日本語で質問できる場合が多いためこの部分に関してはデメリットだと感じました。
 

スペイン語留学を成功させる心構え

はじめから多少スペイン語も知識を持った状態で留学するのがおすすめです。

もちろんスペインで0から学ぶこともできますが、1人で生活する場合かなり過酷になるかもしれません。
買い物やレストランで使うスペイン語、簡単な挨拶、〜がしたいなどの表現は覚えてからいくととても便利です。
 

留学先で気をつけること

留学において気をつけるべきことは、カルチャーショックに負けないことです。

ここは日本じゃないのだからしょうがないと思えるような心構えが必要です。
夜中まで外はうるさいし、トイレは使えない程汚い場合もあるし、車の運転は荒いし、皆とても早口で怒っているようにも見えるし、手続きは間違っていて当たり前だし、、、日本では考えられないようなことが日常茶飯事です。
 

留学体験談

留学してよかったと思えること

留学してよかったと思うのは、色々な国からの留学生と話す機会がたくさんあることです。

大学のクラスにも様々な国籍の生徒がいるため、それぞれの文化を比較したりとても楽しい時間を過ごすことできています。
日本にいると外国籍の方と関わることはほとんどなく、日本人は日本人で固まってしまう傾向があると思います。

日本人が少ない留学先を選べたからこそ、多くの国の人たちと深く付き合えるというメリットがあるなと感じました。
 

留学中に嬉しかった/楽しかったこと

まだ留学中ですが、うれしい楽しいと思える瞬間は何度もありました。

例えば、ハウスメイトが現地の食べ物をふるまってくれた時です。
家で一緒にご飯を食べるときに、「これ食べたことある?」と質問してくれて「ないよ」と答えると「じゃあ食べてみなよ」とおすそ分けしてくれます。
食べることが大好きな私にとってとてもうれしいことです。
 

留学中に辛かったこと

町で アジア人差別を受けることがあるということが私にとって一番つらいです。

暗くなってからや早朝に一人で歩いていると、"China(=中国人)"と叫ばれることが多々あります。
怖い思いをするたびに日本であればこんなことはないのになと思ってしまいます。
 

留学したことで変わったと感じること

自分から人に話しかけることが気軽にできるようになりました。

日本にいた頃は友達作りの際は誰かが話しかけてくれるのを待つだけという受け身タイプの性格でした。
しかし、留学に来てからは自分から話しかけなければ困っていても助けてはくれないし、友田津も作れないということに気が付き、自ら積極的に人にあいさつをしたりわからないことを質問したりするようになりました。
 

スペイン語留学を検討中の方へ

学生が留学をするメリット

言語の取得はもちろんのこと、世界中に友達ができること、自立した生活が送れるようになることなどたくさんのメリットがあります。

世界中に友達ができることは異文化理解にもつながるし、今まで知らなかったことをたくさん知ることができるのはとても楽しいです。

また、スペイン語だけではなくちゃっかり英語も上達するということも留学のメリットです。
スペイン語を学んでいない学生とは基本的に英語で会話します。
 

社会人が留学をするメリット

私は社会人ではないため実体験としてはわかりませんが、スペイン語留学をきっかけに新たなことに挑戦したり、今までの人生を見直すきっかけにもなるのではないでしょうか。
日本にいては感じることのできない何かに出会えるのではないでしょうか。
 

今からスペイン語を勉強する方へアドバイス

スペイン語は日本語と発音が似ており、文法は英語に似ているため比較的勉強しやすい言語です。

スペイン語を使って何がしたいのかということを明確にして勉強すればきっと楽しく勉強を続けることができるでしょう。
 

スペイン語留学を検討している方へアドバイス

迷ったらぜひ留学してほしいです。

私はここに来て辛いこともあったけれど、目新しい日々に常にドキドキワクワクしています。ご飯はおいしいし、比較的暮らしやすい国であると思います。
地域ごとに言語が異なっていたり、独自の文化を持っている点も魅力的です。

どこの都市に暮らしたいかなと考えてみるだけでも楽しいと思うのでぜひやってみてください。
 

まとめ

今回はとにかく日本から外に出た世界で、新しい経験をしてみたいと留学を決意したなおさんのスペイン語留学の体験談を紹介いたしました。

留学を初めて1ヶ月で、同居人の会話に入れずに悔しい思いがあったりするものの、小さな小さな成長を日々感じれて留学をエンジョイされています。
まだ留学中ですが、うれしい楽しいと思える瞬間は何度もあったと教えてくれました。

 

スペイン語短期語学留学を検討中の方へ

スペイン語を学ぶために短期語学留学を検討中でしたら、当サイト管理人vacalocaがアルゼンチンの語学留学エージェントをしております。
vacaloca留学プログラムへの無料相談・資料請求は以下のお問合せフォームから送信してください。

Vacalocaプログラム

現地サポート有り!!

プログラム内容

  • 出国前から留学中までサポート
  • 入学申請代理
  • 生活に関するアドバイス

こんな人におすすめ

  • 治安が不安
  • 調べる時間がない
  • 現地サポートが欲しい

-体験談

© 2022 アルゼンチン留学情報まとめ Powered by AFFINGER5